現役作業療法士の健康ブログ

真実はいつもシンプル

学び方、調べ方のコツ


f:id:kenko-blog4649:20221128212716j:image

 

最近では本だけではなくSNSや動画サイト、ブログなど様々な所から情報を得られる時代となりました。

 

 

良くも悪くも情報がありふれ、惑わされたりまとまらなかったりとマイナスな側面も多いでしょう。

 

 

あなたならどれを選択しますか?

 

 

私がおすすめする学び方、調べ方

私は職業が作業療法士というリハビリの仕事をしているせいもあり、日々の学び、調べなどは欠かせません。

 

 

特に整形外科の外来リハビリを担当しているため、様々な年齢、職業の方と接します。

 

 

いかに効率よく知りたい情報を選択していくか、吟味した結果、最近ではこの方法をとっています。

 

 

それは

  1. 正の意見を調べる
  2. 逆の意見を調べる
  3. 自分の考えをまとめ、生活でどう利用するか考える

です。

 

 

具体的に例を出して解説していきます。

例 : 眠れないほどの肩の痛みがある。痛みがあるので安静にしたほうがいいのか、動かさないと固まると聞いたことがあるから動かしたほうがいいのかが知りたい。としましょう。

 

 

1.正の意見を調べる

まずは「痛み 安静にしたほうがよい」といったワードで記事を3.4記事よんでみます。

  • 痛みは安静のサイン
  • 炎症が起きているときは安静
  • 下手に動くと靭帯や骨がダメージを受けている場合は危険

などの記事がでてきます。

 

 

2.逆の意見を調べる

次に全く逆の「痛み 動かす 固まる」などのワードで調べます。

  • 動かさないと固まる
  • 動かした方が循環がよくなる
  • 痛みのない範囲で動かす

などの意見が出てきます。

 

 

3.自分の考えをまとめ、生活でどう利用するか考える

1.2の記事を読み、自分ならどうするかを考えます。

 

 

  • 「痛いときは安静が良さそうだが、痛みのない範囲での動作は大丈夫そうだ」
  • 「循環がよくなると痛みは改善しそうだが、入浴後の痛みはどうか観察してみよう」

など、記事をたくさん読み、自分なりの答えを考えます。

 

 

実際にそれに基づきしばらく生活してみて、どうなのか判断します。

 

 

  • 痛みが余計に悪化したなら→動かすことは止めてみる
  • 入浴後は痛みが減るので、日中も温めてみる

 

 

など、その都度方向性をかえ、自分が楽になる方へシフトしていきます。

 

 

注意してほしいのは

絶対にこれが正しいという意見はありません!

 

 

個人差や症状、文化によってもかわったりします。

 

 

正しい、正しくないとの判断ではなく、なにが自分にあっているのか、試してみて合っていないのであれば、どう変化していくのかを考えてみると良いでしょう!

 

 

分からないことがあったり、モヤモヤしたときは成長のチャンスです!

 

 

どんどん調べ、学んでいきましょう〜

 

 

気になったことはどんどんコメント欄にアウトプットしてくださると嬉しいです!

 

 

アウトプットしてこそ自分の理解や行動につながります!

 

 

向上心があり、皆さんで高め合うような場を作りたいので是非コメントお願いします!全力で返信します!

 

 

サヨナラ〜